265

海外旅行で現地の人と交流したい!に応える実践英語フレーズ集

海外旅行の際、できれば地元の人と交流したいですか? 旅行中に地元の人たちと少し話ができたら楽しいと思います。 地域性を感じられる会話ができれば、旅行体験はさらに充実します。 ただ、そこに行くと、道を尋ねたり、買い物をしたりと、最低限の情報しか交換できず、ホテルに戻って後悔するかもしれないと思います。 向こう側から話せたらいいのにと聞くこともありますが、英語が全く話せないと思ったので話せませんでした。 イニシアチブを取り、ここから簡単な言葉を言うことが重要だと心配していますが、何を言うべきかわかりませんか? ちなみに、ベルリッツには海外旅行が好きなスタッフがたくさんいます。 今回は、英国の家庭的なB&B(朝食付きの小さな旅館)に滞在したスタッフの実際の経験に基づいて、状況トピックごとに音声付きの17の会話例を紹介します。 リアリズムを追求するために、すべての例文はイギリスのベルリッツの教師によって監督されています。音声もイギリス英語で配信されます。 宿泊先の旅館のオーナーとの会話を想定していますが、もちろん旅行中に入ったカフェやお店の人との会話にも応用できます。 地元の人と交流するために使用できる会話のヒントやフレーズを覚えておいてください。 【目次】 1.天気を話題にする 2.食事を話題にする 3.イベントやレジャーを話題にする 4.宿自体を話題にする 5.自分の旅程を話題にする 6.写真を話題にする 1.天気を話題にする 天気のトピックは、誰もが話すことができる安全なトピックの1つです。 朝のあいさつ後や外出時に単語を入れて、会話のきっかけにしてください。 1)天気について話す1 あなた:今日はいい天気です。 It’s a beautiful day today, isn’t it? 宿の主人: そうですね、このままだと良いのですが。今日は何かご予定がありますか? Yes it is. I hope that it will be so. Do you have any plans? 2)天気を話題にする2 あなた: 今日は本当に暑いですね! Today it's...
197

上下、増減、変化など、動きを説明する英語フレーズ20選

提案書、発表資料、論文などを英語で書いたり、説明したり、復習したりするときは、変化や動きを表現するフレーズは避けられません。 扱う分野の専門用語に加えて、上下、増減などの基本的な表現や、状態の変化を表す一般的に使われる動詞を使って、口頭発表や文章を書くことができます。 簡単になります。 この記事では、反意語ごとに、科学と人文科学の両方で使用できる便利な動詞の20セットを紹介します。 すべてのフレーズは、日常の会話、指示、確認に実際に使用できるように音声化されています。 大声で練習して、日常の仕事や学校で使ってください。 1. 1.それぞれの反意語を覚えておきたい! 変化と動きを伝える動詞 2. Make、get、become、形容詞の比較級を使用して、変化の方向を伝えます 1.対義語ごと覚えたい!変化や動きを伝える動詞 (1)増える・減る Increase / decrease Look, the population density in the city center has increased over the past decade. Our research shows that average...
lights-of-ideas

大人のあなたも大丈夫!1日20分のトレーニングで作れる「英語脳」

仕事の必要性から英語を勉強していて、TOEIC(R)テストや有名な教材を週に1回英語会話学校で着実にやっていますが、会話が上手くいきません。 ネイティブスピーカーのスピードで英語が理解できず、言いたいことが言えません。 そんな悩みを抱えている方も多いと思います。 そこで、日本語がなくても英語を理解し、素早く反応するために必要な「英語の頭脳」の作り方を紹介したいと思います。 ベルリッツでは、生徒が自然に英語の頭脳を身につけることができる教授法に重点を置いており、各レッスンは着実に成果を上げています。 自分の教材にも応用できるので、ぜひお試しください。 そもそも英語脳って? 英語脳は大人でも作れるの? 外国の方が、「How are you?」と言ったと想像してみてください。 この表現なら、決して、頭の中で『ハウアーユ=元気?』と翻訳し、『元気だよ=I’m good』と考えてから、「I’m good」と返すプロセスをしないはずです。 「How are you?」と言われたすぐに、あなたは「I’m good」と返せるでしょう(緊張して言えなかったという場合は除いて)。これが英語脳ができている状態です。 つまり、「How are you?」→「I’m good」レベルの表現を増やしていくことが英語脳を作るということなのです。   「脳」という言葉に惑わされる必要はなく、英語の脳は幼児しか学べない、あるいは留学しなければ不可能だと考える必要はありません。 脳という言葉は単なる比喩であり、脳の生理学はそのような器官が頭の中で発達することを意味するものではありません。 英語脳を作らないことによるデメリット 英語の頭脳を作らずに学習を進めると、次のようなデメリットがあります。 聞いたり読んだりするとき、翻訳の習慣を取り除くことができません。 特に会話を聞いていると、相手のペースに追いつかない。 日本語と英語が一致しない単語は扱えません。 たとえば、傘を持っていると言っても出ません。 (open my umbrella)「Open your umbrella」と言われて、意味が理解できない。 英語脳を作る絶対原則 詳細に入る前に、英語の脳を構築する絶対的な原則を紹介しましょう。 重要ですので、ご了承ください。 ①翻訳なしで英語を読んだり聞いたりする ②聞いた英語をそのまま繰り返します。 ③実際の状況で練習した会話を使う 次に、この原理に従って英語の脳を作る練習をしましょう。 ①-1まず、下のタイトルの画像を見て状況を想像してみてください。 Scheduling a meeting ①-2次に、次の声が聞こえなくなったところを聞いてください。 (現時点では、日本語に翻訳しないでください。この段階で理解していなくても問題ありません。また、以下の英文も読まないでください)。 ①-3以下の英文を読み、聞いたことと書いたことを一致させてください。 ここでも日本語に翻訳しないでください! A) Hi Louis. Can...
100

英会話初心者におすすめ!上達に効果的な4つの会話テクニック

英会話を始めようと考えている人の多くは、「英語での読解と文法は得意ですが、会話には自信がありません…」と思うかもしれません。会話に慣れていない人は、不安を感じるのは当然です。 実際、あなたが今知っている単語や文法の範囲内でさえ、あなたが話す方法に少し注意を払うだけで、あなたが他の人とコミュニケーションする方法を改善することができます。この記事では、初心者が少し注意して話すことで改善できる4つの会話テクニックを紹介します。 目次 1.相手にレベルを合わせるように頼む 2.言葉ではなく「文章」で話す 3.回答に「説明」と「質問」を追加します 4.目的、詳細、結論の流れに注意してください 1.相手にレベルを合わせるように頼む 英会話の初心者だけでなく、英語を話す人の英語をすべて聞くことは非常に困難です。もちろん、相手の英語が聞こえない場合もあります。その時はよくわからなくても「はい」と答えることがあります。 ただし、そのままにしておくと、相手が自分の言っていることを理解していると誤解し、誤解を招く恐れがあります。 しかし、英会話の初心者がいきなり上達し、すべてを聞くことができるようになるのは難しいです。そのため、「相手を自分の英語レベルに合わせる」方法を考案することをお勧めします。ベルリッツはこれを「レベルダウン」テクニックと呼んでいます。 (例) ・Could you say it again?  もう一度言っていただけませんか? ・Please speak more slowly? ゆっくり話していただけませんか? ・What does that mean?  それはどういう意味でしょうか? このような表現を使うことで、自分が理解していないことや理解していないことを相手に伝えることができます。 「わからないと言うのは恥ずかしい」「相手に迷惑をかける」などの不安があるかもしれません。 しかし、特にビジネスの分野では、知らないうちにやると、後で相手にさらに迷惑をかける可能性があります。 そして何よりも、相手が理解していないことを示すことで、より安全にコミュニケーションをとることができます。 2.言葉ではなく「文章」で話す あなたが英語を話し始めたばかりのとき、あなたは英語の単語を並べて話すことになるかもしれません。 もちろん、最初は単語のリストであっても、とにかくそれについて話すことは非常に重要です。 一方、将来の改善や「正確に伝える」ことを重視する場合は、言葉ではなく「文章」(全文で話す)で話すことをお勧めします。 例えば、「What do you do? (どのような仕事をしていますか?)」という質問に対し、「Marketing!」とだけ答えても伝わるかもしれませんが、「I work in marketing.」という文章で答えたほうが、相手にフォーマルな印象も与えますし、ミスコミュニケーションのリスクも避けられるでしょう。 また、将来、もっと複雑なことを相手に伝えたい場合でも、文章できちんと話す習慣を身につければ、もっと早く上達できるはずです。 3.回答に「説明」と「質問」を追加します 英会話では、質問に答えても会話を続けられない人や、何を言えばいいのかわからない人もいます。...