「いってらっしゃい」「いってきます」爽やかに送り出す英語

外国人の同僚がオフィスに出かけるとき。 「ようこそ」と言いたい場合はどうすればいいですか? 日本語では「ようこそ」はどんな場面でも使える万能な表現ですが、英語ではこれほど便利なものはありません。 時間や場合によって異なる表現を使う必要があります。 そこで今回は、相手を送る際に「ようこそ」に対応する英語のフレーズと、「私が来る」に対応する英語のフレーズを紹介します。 これを使いたい場合は、覚えられるまで何度も声を出して練習してください。 目次 "いらっしゃいませ" 1-1。 「また会いましょう」のニュアンスのある「ようこそ」 1-2。 「頑張って」のニュアンスで「ようこそ」 1-3。 「ようこそ」の使い方を紹介する会話例 "またね" 2-1。 「頑張れ」への答えとして「来ます」 2-2。 ここから「来ます」 2-3。 「I'mcoming」の使い方を紹介する会話例 1. 「いってらっしゃい」 「ようこそ」の英語表現の種類は、大きく2つの用途に分けられます。 汎用の「また会いましょう」のニュアンスで「ようこそ」 相手が目標を達成できるようにサポートするために、「最善を尽くす」というニュアンスを持った「ようこそ」。 それぞれの表現を学びましょう。 1-1。 「また会いましょう」のニュアンスのある「ようこそ」 これは、状況に関係なく、パートナーを送信するときに最も一般的に使用される表現です。 I’ll see you later. またあとで。   次の表現は、次回の打ち合わせが決まっていない場合や、しばらく打ち合わせができない場合に使用できます。 I’ll see you around. それではまた。   直訳すると「無理しないで」になりますが、特に深い意味はなく「さようなら」としてよく使われる表現がこちらです。 Take it easy. じゃあ。 (自分で過労しないでください) 上記は、外出する人を派遣する際の一般的な表現です。 1-2。 「頑張って」のニュアンスで「ようこそ」 次の表現は、プレゼンテーション、難しい会議、顧客訪問、ダンスプレゼンテーション、試験など、相手が自分の目標を達成するために外出するときに使用されます。 Good luck. がんばって。 Enjoy. /...
Star Language Blog