thumb-67

会話をよりスムーズにする英語で話題を変える3つのテクニック

外国人との打ち合わせ前の話や昼食時に英語で話題を変えたいですか? 「相手のトピックがわからず、トピックを変更したい場合」 「何かを言って話題を変えたいなら」 「重要なトピックがあり、トピックを変更したい場合」 あなたは何をすべきか疑問に思ったことはありますか? トピックを変更するときに覚えておくべきことの1つは、他の人に不快感を与えないことです。 「ちなみに…」のようなものを使うこともできますが、トピックをよりスムーズに変えるテクニックがあります。 相手が面白そうな話題を急に変えてしまうと、無視されていると感じて悪い印象を与えることがあります。 本日、ベルリッツの教師であるKAZが、具体的な例文でトピックをスムーズに変えるための3つのテクニックを紹介します。 ①相手の話題がわからなくなり、話題を変えたい場合 相手の話がわからない場合は、相手のトピックにある言葉や人の名前を使って、トピックをスムーズに変えてください。 相手の会話に合わせて話題が変わるので、相手に違和感を与えることなくスムーズです。 <例文> A: Yesterday I spoke with Dan and he told me that the project ... B: By the way, did you know that he...
business-chart-showing-success

少数や分数、計算式を英語で言い表す

会社の売上データや子供の数学の宿題など、日常的に目にする計算や問題。 ある日、急に海外に引っ越して、子供が海外の学校に転校した場合。 すべてが英語に置き換えられます。 見ている数字が変わらなくても表現できないのはイライラします。 今回は、基本的な計算に必要な英語の表現を紹介します。 最後に、それらの式を使って読める計算式を用意しましたので、ぜひスキルを試してみてください。 目次 1.基本的な数字の表現 1-1。 小数 1-2。 分数 2.基本的な計算の表現 2-1。 4つの算術演算 2-2。 計算式の読み方 3.英語で数式を読むための演習 1. 基本の数の表現 小数点と分数を英語でどのように表現しますか? 慣れているからといって英語で出てこないとイライラします。 1-1. 少数の表現 (decimals) 少数は英語でdecimalsと表現します。小数点はdecimal pointと言いますが、実際に数を読み上げる時、小数点のことをpointと言います。Decimal pointとpointの使い分け方がわかるように、いくつか例を見てみましょう。 3.14159 Three-point-one-four-one-five-nine 16.28 Sixteen-point-two-eight 9.05 Nine-point-oh-five / Nine-point-zero-five   1の位が0だった場合は、省略してpointから言ってもOKです。 0.35 Zero-point-three-four / Point three-five 四捨五入する時はround offという表現を使います。 Round off to the...
108

ネイティブが使う!仕事で役立つ英語イディオム(慣用句)【Part2】

「先住民が使う!仕事で役立つ英語のイディオム」は非常に好評です。 そこで、日本人が思いがけず知らない「第二の」イディオム(イディオム)を紹介したいと思いますが、知っていれば仕事にも役立ちます! ここでも、10個のイディオムとその例文と声をセットで紹介しますので、声を出して練習して習得してください! *この記事も参照してください→「ネイティブが使用します!仕事に役立つ英語のイディオム」 1. Hands are tied “hands are tied”は、文字通り、「手が縛られている」という意味ですが、「何もできない」という意味です。 【英文】 I wish I could help you, but management has already made a decision about this. My hands are...
75

「たしかに」 「なるほど」会話が弾む英語の相槌表現39種

相槌はあなたが聞いて理解する意図の表現であるため、会話において非常に重要です。 そして、それをさらに上手に使えば、相手の話を聞くことで自分の番にたどり着く上で重要な役割を果たすことができます。 今回は、難易度に応じて、(1)「相槌を打つ方法」と(2)「その後の会話をつなぐ方法」をお教えします。 すぐに英語で試すことができるので、たくさん練習して作ってください。 目次 難易度で英語で相槌を打つ方法 1-1。 初心者:なるほど 1-2。 中級:私もそうです。 1-3。 上級:それは楽しいに違いない。 相槌から発言の順番につながる 1. 難易度別・英語での相槌の打ち方 まず、「なるほど」「もちろん」など、人の話を聞くときに言わなければならない相槌を見てみましょう。   1-1。 初心者:なるほど 最もよく使われる相槌は次のフレーズです。声を模倣するときは、イントネーションに注意してください。 相槌の抑揚によって、相手の受け方が大きく変わります。 ベーシック相槌 I see. なるほど Right. そうですね。 That’s true. たしかに Really? そうなんですか。(語尾を下げると、「そうなんですか」と驚きは少なく、落ち着いて聞いているように聞こえます) Exactly. その通りです。 I think so too. 私もそう思います。 Me too. 私もです。 イントネーションの違い イントネーションが違うと相槌の意味が変わります。 I see. なるほど! Right. ですよね! Really? そうなんですか?(語尾を上げると、「えーそうなんですか!?」と驚いているように聞こえます) Exactly. 本当におっしゃる通り。 変化 次のフレーズはめったに使用されませんが、バリエーションを与えるため、または感情的な共感を伝えるために使用されます。 Is that so? / Is that right? そうなんですか。 Indeed. /...
Star Language Blog