[vc_row][vc_column]

[/vc_column][/vc_row][vc_row el_class=”td-ss-row”][vc_column width=”2/3″]

Culture

[vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/2″]

Society

[/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/2″]

English Traning

[/vc_column_inner][/vc_row_inner][/vc_column][vc_column width=”1/3″][td_block_social_counter custom_title=”” style=”style8 td-social-boxed td-social-font-icons” facebook=”https://www.facebook.com/webnews21/” twitter=”https://twitter.com/webnews212″ youtube=”https://www.youtube.com/channel/UCdglBg7hLZkjz8GebIzveEA” open_in_new_window=”y” manual_count_facebook=”5000″ manual_count_twitter=”2458″ manual_count_youtube=”460″ instagram=”https://instagram.com/web_news21#” pinterest=”https://pinterest.com/web_news21/” manual_count_pinterest=”948″ manual_count_instagram=”4370″]
- Advertisement -

外国人の送別会。送る言葉・スピーチ・案内メールを英語で!

故郷に帰る外国人の友人。 転職や異動により離職する外国人の同僚。 送別会を開くことにした場合、どのように呼びかけますか? 英語で送別会は「Farewell party」と言います。「Farewell」は別れの言葉を指します。 Farewell Party 送別会/送別会 去る人たちに良い思い出を残して送りたいです。 そこで今回は、送別会で交換された英語の表現と送別会での乾杯の例を音声で紹介します。 また、最後に送別会の英語案内メールの例を追加しました。 これを読んで発送方法を学び、送別会だったと思います! 目次 1.友人や同僚を送るときに使用される表現 2.送別会の乾杯のスピーチの例 3.送別会案内メール 1. 友人や同僚を送る時につかう表現 送別会に限らず、遠方に行って送別を後悔する人には、以下の表現が使われます。 I’m going to miss you, Kevin. さみしくなるよ。 It's a shame that you have to go. 行っちゃうなんて残念だよ。 Everything will be different without...

話し方からスライドまで、ビシッと決める英語プレゼン術

海外のビジネスパートナーが増えるにつれ、英語でのプレゼンテーションの機会も自然に増えていきます。 「緊張せずに日本語でできる…!」 あなたはそう思いますか? 実は英語での発表のコツがあり、会場の数を踏んで徐々に把握していきます。 しかし、私は今良くならなければなりません! そう思うなら、この記事を使ってください。 プレゼンテーションの基本、グラフの提示方法、質問と回答の処理方法、効果的なスライドの作成方法を説明します。 声を真似て何度もフレーズを言うと、プレゼンテーション中に無意識のうちに言葉が出てきます。  1. プレゼンの基本の型 – 導入・進行・まとめ 「今日はこんなに貴重な場所で話してくれてありがとう」「続けて…」など、日本語で発表する際に使われる決まり文句がいくつかあります。 英語は同じです。 まず、基本的な進歩を遂げるために、英語のプレゼンテーションの固定フレーズを学びましょう。  2. 折れ線グラフの発表の仕方 グラフは、特に進捗状況を共有する場合、プレゼンテーションに不可欠です。 流暢なプレゼンテーションができることで、英語でのプレゼンテーションのストレスを大幅に減らすことができます。 線グラフの表示を練習してみましょう。  3. 円グラフの発表の仕方 円グラフを表示するときに使用される英語のフレーズは、折れ線グラフの場合とは少し異なります。 円グラフのプレゼンテーションを練習しても安全です。  4. 質疑応答の対処法 プレゼンテーションで一番怖いのは、実は質疑応答です。質問の準備はある程度できますが、自分のペースでやり遂げるのは難しいです。 しかし、トラブルの一般的な救済策を覚えていれば、慌てる必要はありません。  5. 聴き手目線のプレゼンの仕方 プレゼンテーションでの話を理解するのは聴衆の責任だと思いますか? それとも、話者が理解する責任があると思いますか? 日本での発表を聞くと前者だと思うことが多いですが、海外では圧倒的に後者です。 紛らわしいプレゼンテーションは聞く価値がないと考えられています。 したがって、英語のプレゼンテーションでは、リスナーの視点からプレゼンテーションを組み立てることが非常に重要です。 ちょっとした話し方を工夫するだけでわかりやすいので、この記事でコツをつかんでみましょう。  6. 聴き手目線のスライドの作り方 英語のプレゼンテーションをするときにスライドを作成するときに注意すべきことはありますか? 次の質問への回答にはヒントが隠されています。 「英語のプレゼンテーションで重要な順に、次の3つの項目の順序はどうなると思いますか?」 滑り台 話者の言葉と行動 聴衆の理解 答えは3> 2> 1です。聴衆がプレゼンテーションを理解するためには、聞くことに集中する方法を考案する必要があります。 これを行うには、話者は自分の言葉と行動を調整する必要があります。 スライドは単なる補助的な役割です。シンプルで理解しやすいものにすることをお勧めします。これにより、伝えたいメッセージをすばやく印象付けることができます。 しかし、実際には、他の人のプレゼンテーション中に私が見たスライドのいくつかは次のとおりです。 スライドの役割は、伝えたいメッセージを見やすくしたり、印象付けたりすることです。 これに基づいて、スライドを作成するときに役立つチェックリストを作成しました。 ①原則として、スライド1枚、メッセージ1枚 (2)このプレゼンテーションで聞き手が知る必要のないこと、または口頭で説明できることは、可能な限り省略してください。 ③文字が大きく、文章が簡潔 ④図で表現できるものを図にする ⑤補足説明がなくても注意点が明確 どちらのスライドでも、重要な情報が何であるかが一目でわかります。 何を伝えたいですか?...

メールで、会議で。英語でスラスラ近況報告する22フレーズ

上司は時々「そのプロジェクトは今何が起こっているのですか?」と尋ねます。 コミュニケーションは緊密です。 外国人の上司への報告は英語で行わなければならないことを私は知っています。 最新の状況を頻繁かつ正確に報告できれば、社内の評価を向上させる必要があります。 最新のステータスレポートは、ステータスの更新または英語のステータスレポートです。 今回は、メールや会議で最新の状況を報告するために必要な表現や例文をご紹介します。 この記事を使って、英語でも積極的に情報を共有するビジネスパーソンのレベルを上げましょう。 1. 近況報告メール まず、プロジェクトの最新のステータスをメールで報告する例を見てみましょう。 次に、あなたの作品に適用できる慣用表現を抽出します。 ここで外国人の上司にメールを書くことを想像してみてください。   1-1。 例文をメールで送信 Hi, Martin, Hope you are fine. This update is for the Spring Campaign and is scheduled to...

奥様海外赴任体験談シリーズ:バンコク編

「外国語が話せなくても海外に住んでいなくても大丈夫」と思ったら、夫の海外赴任が決まった!そのような場合、あなたはどうしますか?夫婦で一緒に苦労を分かち合い、絆を深めてみませんか? ただ、海外での生活については、「日本語がわからないところにきちんと住むことができるのか」と不安を感じることがよくあります。そして、「私の子供の学校関係はどうしたらいいですか?」 そこで、今回から海外駐在の妻の体験を国別4部でご紹介します。経験豊富な人の本当の声に耳を傾け、海外生活のためのイメージトレーニングをすれば、現場に行っても手間をかけずに行動できるはずです。 初めてはタイの首都バンコクに配属された奥さん! ◆この面接に協力した経験豊富な海外赴任◆ 富江さん(仮名) 割り当て国:タイ(バンコク) 期間:4年半 家族:夫、息子(配属時2歳)、娘(配属中妊娠) 1. 経験者からのアドバイスが何よりの情報 当時、商社で働く夫と4歳の息子と一緒に暮らしていた三重。 「夫から海外赴任の話を聞いた時は驚きながら心配していましたが、息子はまだ小さいので、転職の心配がないので一緒に行けると思いました。 。」学校。 「」 海外に引っ越すことを決意した三重は、情報収集に専念した。 「特に経験豊富な人と話ができて良かったです。夫の部署にバンコクに配属された経験のある同年代の子供がいる家族がいて、妻からいろいろなアドバイスがありました。実は夫の会社は海外に配属される家族向けのセミナーを開催していましたが、子供たちと一緒に参加することができなかったので、海外に行く前の準備や海外生活などの本当の情報を知っていてとても助かりました。 。」 同じ妻と母の立場から私だけが気づいたことを聞くことができたことで、富江の漠然とした不安が和らぎました。 彼女はまた、「彼女の夫と同じ会社ですでに海外にバンコクに配属されていた妻たちが拡大した女性協会があったことにも安心した」と語った。 彼女は、日本にいる間、日本を離れる前に完璧に準備するのが待ちきれなかったと言いました。たとえば、海外に行く前に受けなければならないワクチン接種はたくさんありますが、子供たちは定期的にワクチン接種を受けなければなりません。しかし、海外赴任を知らされて、すべてを受け取るのは大変でした。その時、「日本では最低限必要な量で、残りは現地で手に入れることができます」と医師に言われました。 「ああ、海外に行ってもできることがある。今は完璧だ。やる必要はない」と彼は語った。 2.言葉と文化を勉強して暮らしの基盤をつくる 富江の夫の会社では、海外に引っ越すときは、夫が先に配属国に行き、家族が3ヶ月後に引っ越すというルールがありました。しかし、現地で色々な決断をしなければならないことが多かったので、富江さんはバンコクに住む場所を探すときに家全体を夫に投げつけなかったそうですが、一時的に帰国したのですが、相談して決めました。電話またはメールで夫と一緒に。 「日本で一番驚いたのは、タイに引っ越すたびにメイドとドライバーを雇わなければならないことです。特に日本人は人を使うことに慣れていないので混乱しています。たぶん」。 富江さんは最初はどうしたらいいのかわからなかったので、婦人会から紹介されたメイドさんを雇いました。彼女のメイドは、食事、掃除、洗濯などの家事をすべて担当し、ベビーシッターの世話もしています。しかし、メイドと運転手は地元の人なので、タイ語しか話せません。富江も行く少し前にタイ語を勉強しましたが、子供たちの世話をするメイドさんとコミュニケーションをとるために、本格的にタイ語を勉強しなければならないと決心しました。 会社はタイ語を勉強するための予算を提供したので、そのお金は女性協会から1日1時間のレッスンを受けるために教師を送るために使われました。また、自宅で積極的に勉強し、約1ヶ月で日常会話に支障がない程度に改善しました。 「子供や家族を預かっているメイドさんや運転手さんとコミュニケーションが取れて、病気になったときに病院でよく説明できて、家族を守ることができたので、タイ語を学ぶ気になりました。」 3.子どもの学校選びはよく考えて 私がタイに駐在している間、私の子供は学校に行くのに十分な年齢だったので、そこで学校を探しました。女性会の会員に学校へ案内してもらいながら、慎重に検討したようです。 「ESL(*)の有無やESLへの取り組みについて女性会に聞いて徹底調査しました。インターナショナルスクールではESLから通常のコースに移行するより劣っています。家族もいます。そんな感じですが、子どもたちが上手に話せず、友達ができなかったり、授業に追いついて神経質になったりすることもあります。 * ESL:第二外国語として英語を学ぶプログラム。第二言語としての英語の略語。たとえばインターナショナルスクールでは、英語に不満のある子供をESLに入れて約1年間勉強した後、通常のコースに入学します。 夫が一緒に学校の手続きを経て入学したようです。小さなことでも、夫が不安をできる限り解消するのに役立ったと三重は言う。 4.トラブルは絶対に起きる!無理せずじっくり対応を 就職前に情報収集をしなければならなかった三重さんは、実際に海外に住んでいると困ることがありました。 1年でメイドをキャンセル タイで雇われた最初のメイドが彼女の子供を軽く虐待していたことが発見されました。また、富江は当時娘を妊娠していたため、新しいメイドを探すことにしました。 「新しいメイドを探すのは難しくありませんでした。日本人がたくさんいるアパートに住んでいたので、「新しいメイドを探しています」と言ったら、すぐにアパート全体に知られるようになりました。 。私は候補者に紹介されました。」 彼女はすでにタイ語を話すことができたので、彼女は二番目のメイドとうまくコミュニケーションを取り、良い関係を築くことができました。帰国後しばらくはメール交換ができる友達になったそうです。 女性協会内の関係はうまくいかない 当初、三重さんはたくさんの人と仲良くしようと頑張っていました。しかし、海外に長く住む妻たちとぶつかり、率直に話すこともある。 「ストレスを感じて誰かを殴ったり、アルコールから逃げたりする前に、あなたとあなたの周囲が誰かに助けを求めるのは簡単です。」 富江さんは、カウンセリングを始めてからは、多くの人と仲良くしようとはせず、少数の人でも真剣に向き合い始めたそうです。彼女は外に出て、交流した人々と情報を交換することでストレスを和らげました。 面接で、乾いた印象の富江さんでさえ、カウンセリングに行かなくてはならないことに驚いた。 「新入社員の家族は、海外の新しい職場に慣れている夫でいっぱいです。カウンセリングなど、お金で解決できることがあれば、お金を使ってください。私の家族にとっては良いことだと思います」と三重氏は言う。 。 卵も魚も食べられなかった 「最初は食べ物が気になっていたのですが、匂いの強い魚以外はすぐに慣れました。しかし、卵からサルモネラ菌が出てきて息子がお腹を壊すと、その後は避け始めました。私はやりました。 " 食品の安全性を意識する必要がなかった日本とは異なり、一部の国では食品に注意を払う必要があります。また、病気になったときは、現地の言葉を話せるようにして、迅速かつ適切な治療を受けることが大切です。 子供たちの懲戒方法の違い 三重さんは海外駐在中に妊娠して娘を出産しました。彼女もメイドを残して子供たちの世話をしましたが、娘はタイ風に育ったため「座って何かをする」のが苦手でした。タイの自動車文化にも落とし穴があります。タイでの生活の中で、家を出たときは目的地まで車で行ったので、歩いたり、道を渡ったりする必要はありませんでした。そのため、娘は注意しないと「自分が車にひかれる」ことを知りません。「家に帰った後、道路に飛び出すこともできます。 「文化の違いがそんなに影響を与えるとは思いませんでした。特に、外出は事故につながる可能性があり、日本とタイの生活や文化の違いは帰国後に受験することになります。」クラムスクールで修正しました。」 駐在員の文化にも戸惑いました タイに配属されたすべての家族の夫は週末に娯楽をし、休日でもあまり家にいなかったと言われています。 「日本人は他にもいますが、家族は今でも一番親しい人です。子供や家の世話をしているのは私だけで、夫が家にいないことにストレスを感じる妻はほとんどいません。 'NS。 " 赴任直後、富江は自分の将来の生活を心配し、夫が家にいないことに戸惑いました。しかし、彼女は「町に着いたら、町に従ってください」と言いました。妻の仕事以来、気持ちが落ち着いたようです。彼女の夫がこの種の文化に適応できるようにすることで分割可能になりました。 5.帰国後の生活の準備もしっかり 三重さんは海外生活に慣れて一時的に帰国し(※)、帰国後は自分の人生を考えなければならないと感じ始めました。帰国中は、子どもたちの学校や新しい家を探すことに集中していたと言われています。 子どもたちの学校は、「子どもたちにいろいろな国の人と触れ合ってもらいたい」という思いからインターナショナルスクールになりました。海外に配属された家族の多くは、帰国後、一般学校に通う傾向があるようですが、座りませんでした。 特にインターナショナルスクールでは、学年を選べると言われています。 「また、配属された学校の様子や日本の学校との違いを考慮して、同年代の子供たちよりも一学年低くすることも考えました。日本では一学年下がるのが恥ずかしいです。簡単です。子供に無理やり伸ばそうとするよりも、自分に合ったペースで学ばせる方が大事だと思います。」 帰国して難しかったのは、物が多すぎたということです。 「新しい家にアパートを使うことにしましたが、バンコクに住んでいた家は250平方メートルだったので、新しい家に持って行けなかったり、売れたりできなかったら、バンコクで売って売っていました。それは一晩の酒の費用についてでした。」 三重さんは笑います。 6.無理せず楽しみながら生活しよう! 「最初は言語や文化の違いに戸惑うことが多かったのですが、食べ物が美味しくて親切な人が多かったので、今はタイが大好きでずっと住みたいです。」 バンコクでの4年半の彼女の人生を振り返ると、富江は言います。彼女との滞在を通じて、メイドやドライバーなどの地元の人々や、地域の日本人との信頼関係を築くことの重要性を学びました。 「私の家族の絆は深まりました。私の夫は休日に私と一緒にいることができないので、彼はいつも平日に戻ってきます、そして彼は以前よりはるかに多くの家族の時間を持っています。」私の仕事の効率は劇的に向上しました。ずさんな仕事をする代わりに、一生懸命働き、時間通りに戻ることが習慣になっています。また、自分の仕事の不満や弱点を家族に見せ始め、お互いに支え合っていると感じています。 「」 「海外に配属される人たちに、情報収集が大切で、自分の配属された生活を作ることが大切だと伝えたい」と語った。地元の文化や習慣だけでなく、私たちがどのように暮らしているかについても、収集してカップルと話し合うことが非常に重要です。どうすれば家族と支え合い、育児環境はどうなるのか、常に未来を考え、就職後の生活に目を光らせています。 「不安でもうできないのなら、日本に行ったり帰ったりしないのは悪いことではありません。完璧な海外赴任を目指すのではなく、幸せな生活を送る方法を探しています!」を楽しんでいただければ幸いです。 「」
[/vc_column][/vc_row][vc_row full_width=”stretch_row_content td-stretch-content”][vc_column]
[/vc_column][/vc_row][vc_row el_class=”td-ss-row”][vc_column width=”2/3″]

Politics

[/vc_column][vc_column width=”1/3″]

Travel English

[/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][/vc_column][/vc_row]