Home English Language Business English Speak すぐに効果を実感できる!英単語の発音を上達させる 3つのポイント

すぐに効果を実感できる!英単語の発音を上達させる 3つのポイント

0
390
384

英語で発音を練習したことはありますが、実際に外国人と話をしたときに発音がうまくいかなかったことはありませんか?

実は、各単語の発音が理解できたとしても、それらを組み合わせて文にすると、

発音できない
聞こえない
そんな悩みを抱えている日本人はたくさんいます。

理由は非常に単純です。誰も本当に効果的な発音を練習していません。そこで本日は、すぐに効果を実感できる発音練習の3つのポイントをお教えします。

ベルリッツのレッスンでは、この点を念頭に置いて練習するだけで、多くの生徒が自分の進歩にすぐに気づきます。

日本語にはない英語の発音の特徴を学び、少し意識して練習することで、英語は「世界に馴染みのある発音」に変わります。それでは、日本語と英語の発音方法の違いを一つ一つ紹介していきましょう。

練習してください。

 

1.母音をカットし、サイレントブレスを追加する

母音の発音は、日本人が英語を学ぶときによくある障害です。 母音は「a、e、i、ou」などの音を指し、子音は「t、s、f、h、k」などの母音以外の音を指します。 日本語では、「A、I、U、E、O」は母音であり、母音が強い言語です。

一方、英語は母音が自然に発音される言語です。 日本語と同じくらい強く母音を発音すると、英語ではない、いわゆる「カタカナ英語」になってしまいます。

「母音に気づかない」ことは、英語で自然な母音を発音する方法を理解するための最初のステップです。 まず、次の言葉を声に出して読んでください。

“what” → 日本語的発音=whatto, ホワット
“bed” → 日本語的発音=beddo, ベッド
“talent” → 日本語的発音=talento, タレント
“concept” → 日本語的発音=conceputo, コンセプト

何も気にせずに発音した場合、最後に母音「o」がありませんか? この「o」の発音を知らない=切ることで、「カタカナ英語」から抜け出すことができます。

また、「静かな声」をマスターすることは発音を改善するための鍵です。 サイレントボイスとは、「What」の最後にある「t」を、小さな「su」のような小さくてかすかな息の音で発音することです。 母音を意識する代わりに、静かに息を吸って大声で読んでください。

2.英単語ではなく、フレーズでの発音を意識すること

2つ目のポイントは、英語の単語ではなく、意識的にフレーズを発音することです。

日本人は各単語の発音を上達させようとしますが、複数の単語を組み合わせて発音を練習しないと、ネイティブな会話ができなくなります。

たとえば、「did」と「you」の各単語は聞こえますが、「didyou」に固執すると聞こえない場合があります。これは、次の単語が母音の場合、子音で終わる単語がくっつくという規則があるためです。

「あなた」は「y」で始まりますが、音は「u」、つまり母音なので、「did」の「d」が付いて「diju」のように聞こえます。

「子音で終わる単語と母音で始まる単語」の組み合わせは無数にありますが、「発音がベタベタしている」と聞いて感じると、「子音と母音がくっついている」という組み合わせになります。あなたはただ考えて練習する必要があります..

それでは、子音と母音を意識しながら、フレーズや文ごとに発音を練習してみましょう。

Where are you from? だったら Wherayu from?(ワーユーロム?) というように読みましょう。

What do you do?→ Whadoyado?
What time is it? → Whatimisit?
Where is it? → Wherisit?
How do you do? → How d’yado?
How is it going? → Howisit going?
How much is it?→ How muchisit?
Can I get a (beer)?→ Canigeta (beer)?
How about 3pm?→ How’bout 3pm?
What did you do last night?→ Whadijyado last night?

いかがですか? “世界に通じる発音”に一歩近づいたのではないでしょうか。

3.イントネーション(抑揚)を意識すること

イントネーションは会話の浮き沈みです。 日本語はイントネーションの少ない言語ですが、イントネーションと話すとネイティブになります。

イントネーションは、単語自体、句、または文に存在します。 たとえば、単語の先頭を強調する「デザート」や「s」を強調する「デザート」など、イントネーションの位置によって意味が異なる単語もあります。

実際、この文のイントネーションは英会話を学ぶ上で重要です。 実際、この文のイントネーションは英会話を学ぶ上で重要です。

たとえば、質問文。 正しい文法は、以下に示すように、助動詞と疑問符を使用して疑問文を作成することです。

What is your name?

それでは、次の文章はどうでしょうか。

Your name?

聞きたいものの「名前」を強調し、少し曲げて疑わしい話し方をすることで、疑問詞がなくても「名前」を問う「質問文」になります。
日本人は文法を気にしすぎて「屈曲が上がっただけの疑問文は理解できないと思います…」と思う傾向があります。 しかし、まったく心配しないでください。 イントネーションを上手にこなせば、文法が少し緩くても英語が理解できます。

イントネーションは、「私が最も伝えたいこと」を伝えるためにも重要です。

I want to eat chocolate.

“I”を強く読めば「私」が食べたいのだという意思、
“want”を強く読めば、「食べたい」という意思、
“chocolate”を強く読めば「チョコレート」が食べたいという意思を伝えられます。

イントネーションによっては、同じ文でも適切に使用できます。 イントネーションと話すことで、先住民の印象は劇的に変わります。

まずは“表情豊かに話すこと”からはじめてみましょう!

日本人は外国人ほど表現力がありません。 同じように聞こえます。 日本語の発音にはイントネーションがなく、フラットなままですが、英語は違います。 外国のドラマ、スピーチ、ニュースを思い出してください。 外国人はいつも表情豊かに話しますか?

私が伝えたいことは強く、小さい部分は正常です。 これを意識するだけで、発音表現は着実に変化するはずです。

今回紹介した3つのポイントを押さえながら、文章の流れを意識しながら表現力豊かに発音していきましょう。 躊躇せずに声を出して聞き、発音の練習を続ければ、きっと自信が持てます。

You can do it!

Star Language Blog